旭川市で盲人福祉についてのご相談は旭川光風会まで

お問い合わせはこちら

文字の大きさ

ご挨拶

  • 「水と緑に輝く 北の拠点・旭川」この街に当法⼈が誕⽣したのは、法⼈認可を受けた昭和48年3月7⽇です。同年4月、道北地域で初めての視覚障害者施設「旭川点字図書館・旭川盲⼈ホーム」を開設、昭和55年4月、道内2番⽬の養護盲⼈⽼⼈ホーム「旭光園」を開園、視覚障害を持った方々が安全で安心した⽣活を送ることができる環境の整備に努めてまいりました。トップページに掲載されている「視覚障がいの方々とともに」は、
    視覚障害を持つ方々自らが「活動拠点を作りたい」という強い思いと⾏動⼒によって設⽴した法⼈であり、今⽇まで永く起伏の多い道のりを、ともに支え合い、共に歩んできたことから30周年記念誌の表題もさせていただきました。この⾔葉に込められた精神を⼤切に、今後も法⼈運営にあたっていきたいと思っております。介護保険の創設、その後の規制緩和と、この10年社会福祉を取り巻く環境はめまぐるしく変化してきましたが、今⼀度「福祉」の原点を⾒つめ直し、サービスの向上と地域福祉の発展のため役職員⼀同、より⼀層の努⼒と研鑽を重ねていく所存でございますので、今後とも当法⼈にご指導・ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。皆様のお⼒に支えられて、「視覚障害者の方々とともに」歩んでまいりました。そして、未来への更なる展望を願い、ご挨拶といたします。
  • 社会福祉法人
    旭川光風会
    理事長 遠藤 克臣

沿革

昭和44年 5月旭川盲⼈福祉協会が中心となり旭川盲⼈福祉センター建設資⾦作りに動き始める。
昭和45年 9月1⽇社団法⼈「旭川盲⼈福祉協会」設⽴許可。
昭和45年 9月5日社団法人「旭川盲人福祉協会」設立登記。
昭和47年 5月22日社団法人「旭川盲人福祉協会」設立登記。
昭和47年 6月13日旭川盲人福祉センター(旭川点字図書館・旭川盲人ホーム)建設着工。
昭和47年 7月18日日本自動車振興会から補助金交付決定通知。
昭和47年 10月23日旭川盲人福祉センター本館完成。
昭和48年 2月5日社会福祉法人の設立認可申請。
昭和48年 4月1日 社団法人「旭川盲人福祉協会」から社会福祉法人「旭川盲人福祉センター」へ建物を譲渡し、道北地域で初めての視覚障害者施設「旭川点字図書館・旭川盲人ホーム」をオープン。
昭和48年 4月21日社会福祉法人「旭川盲人福祉センター」法人登記。(同時に旭川盲人福祉協会が社団法人返還)
昭和54年 5月25日地域の視覚障害者の強い要望により、道北地区で初めての養護老人ホームを建設するため、日本自動車振興会に補助金交付申請書提出。
昭和54年 6月15日日本自動車振興会から補助金交付決定通知。
昭和54年 6月30日養護盲人老人ホーム「旭光園」建設着工。
昭和55年 2月28日養護盲人老人ホーム「旭光園」完成。
昭和55年 4月1日養護盲人老人ホーム「旭光園」開園。
昭和58年 5月1日旭川点字図書館(旭川市7条通14丁目)に隣接していた社団法人「緑蔭会」の医療技術専門学校の移転に伴い、校舎の無償譲渡を受け6月7日登記。その後、旭川盲人福祉センター別館と称し、旭川点字図書館と旭川盲人ホームが録音室、書庫、集会室として使用。
平成元年 9月30日法人役員が現役員に一新。(理事長 森 進 就任)
平成2年 3月1日旭川点字図書館に置いていた法人本部を養護盲人老人ホーム「旭光園」に移転。
平成3年 10月31日日本自転車振興会の補助を受け、「旭光園」のスプリンクラー設備を整備。
平成3年 11月30日車両競技公益資金記念財団の補助を受け、「旭光園」給湯・暖房設備の補修工事を完了。
平成4年 2月18日清水基金の補助を受け、車両「日産ホーミー」を購入。
平成4年 3月31日平成元年から経営の健全化に向け、理事体制を一新し再建に努め、当初計画(5年)より2年早く債務等を解消し、健全運営となる。
平成5年 11月13日北海道民間社会福祉施設整備(道単)事業の補助を受け、旭川盲人福祉センター本館・別館の外部改修工事及び録音室防音工事を完了。
平成6年 3月16日「旭光園」管理棟増築。
平成7年 9月25日車両競技公益資金記念財団の補助を受け、「旭光園」給排水官設備の補修工事を完了。
平成7年 10月30日評議員会を設置。
平成8年 7月26日旭川市社会福祉事業振興補助事業の助成を受け、旭川盲人福祉センター別館屋根の葺き替え及び録音室改修工事を完了。
平成9年 5月1日旭川市が設置主体の旭川市神居デイサービスセンターの運営及び旭川市シルバーハウジング事業を当法人が受託、開設。
平成9年 9月17日北海道民間社会福祉施設整備(道単)事業の補助を受け、旭川盲人福祉センター本館の改修機械設備工事を実施。
平成9年 10月3日郵政省の補助を受け、車両「トヨタハイエース」を購入。
平成12年 4月1日旭川市神居デイサービスセンターが介護保険法第17条に基づき、道の指定認可を受ける。
平成15年 4月1日旭川盲人福祉センター本館内に指定身体障害者居宅介護等事業所「旭川大成ヘルパーステーション」を開設し事業を開始。
平成15年 4月28日旭川盲人福祉センター別館改築工事の着工。
平成15年 9月2日旭川盲人福祉センター別館改築工事完成。
平成15年 10月1日旭川盲人福祉センター別館内に「旭川大成デイサービスセンター」・「旭川大成居宅介護支援事業所」を開設。
また「旭川大成ヘルパーステーション」を本館から移設し、訪問介護事業も開始。
平成16年10月30日車輌競技公益資金記念財団の補助を受け「旭光園」外壁補修工事を完了。
平成16年12月28日旭川市より旭川市神居デイサービスセンターの指定管理者に指定。(期間:H17.4.1~H19.3.31)
平成18年 4月 1日旭川市との協議の結果、利用登録者の減少のため旭川盲人ホームを休止。
平成18年10月 1日旭光園外部サービス利用型特定施設入居者生活介護事業及び旭光園ヘルパーステーション(訪問介護事業)を開始。
平成19年 2月26日旭川市より旭川市神居デイサービスセンターの指定管理者に引き続き指定。(期間:H19.4.1~H24.3.31)
平成21年12月 9日旭川市の補助を受け「旭川点字図書館」改修等事業(屋上補修及び盲人ホーム部分の点字図書館への転用)を完了。
平成22年 4月 1日休止中の旭川盲人ホームを廃止。
平成23年 2月23日車輌競技公益資金記念財団の補助を受け「旭光園」給湯・暖房及び排水設備等改修工事を完了。
平成27年4月21日理事長 遠藤 克臣 就任。
平成29年2月24日旭川市より旭川市神居デイサービスセンターの指定管理者に引き続き指定。(期間:H29.4.1~H34.3.31)
平成29年3月24日日本財団の助成を受け、車両「日産キャラバン」を購入。
平成29年4月 1日社会福祉法人 旭川盲人福祉センター(存続)と社会福祉法人 はばたき(消滅)が合併。
平成30年4月 1日社会福祉法人 旭川光風会 に名称変更。

組織図

画像をクリックするとPDFでご覧いただけます。

事業報告・決算報告